トランジションスポーツ産業の上場企業の5兆元市場「金鉱山」---スタジアムの投光照明

- Oct 26, 2016 -

スポーツ産業最近の抜本的な改革では、上場企業のリストラも5兆元の市場金鉱山をタップするために、スタジアムライト業界に急いでいる。スポーツ産業のレイアウトを持って7月31日、中国は2022年冬季オリンピックの資格、スポーツのための中国人の熱意は、新しい高さに。 いくつかの上場企業もこの機会を狙っており、スポーツ業界のレイアウトは変わっています。 国務院が「スポーツ消費を促進するためのスポーツ産業の発展を促進する意見」(オピニオン)を発表したが、業界はスポーツ産業がシグナルの変化であることを明らかにした。 '意見'は、2025年の中国は基本的に合理的なレイアウト、機能、スポーツ産業システムの広い範囲を確立することです、その後、中国の高出力の洪水の光産業の総規模は5兆元以上になります。 5000000000000のポジティブな刺激を受けたA株シェアの上場企業は、スポーツ産業を変革している。 今年8月31日、同社が1000WのLED洪水灯とPEダブルの主要産業開発戦略を導入したリーマン光電告知は、リーマンの株式を参照している証券の変更を提案した。 スーパーリーグのスポンサーとして、半期報告書では、リーマン光電、スポーツマーケティング市場の見通しは、大きなスポーツ産業、重要な入り口にカットされていると述べた。 backpfrontpの主な業界の低迷は、パフォーマンスを改善するためにリストラを通じて変換の主な原因ですが、それは近年、上場企業の一般的なプラクティスです。 インターネット+の流行の場合は完全に退屈ではない、スポーツ業界は、資本市場の肉とジャガイモとなっている。羽化した湾の光これらの企業は、主に同じ迷惑に直面する恥ずかしさのために、変換を行う理由; \ u0026 mdash; 食欲の主な産業。 バックエンドの半期報告書、リーマン光電は16.38%減の168百万元の営業利益を達成した。 純利益19.8254万元、5.27%の増加。 明らかに、同社の主力事業は今や低成長の兆しを見せている。 25.9271百万元の最初の半分の損失のラインホーム、純利益の203.74パーセントの低下、downstream.led分野の光業界の同じ業界の上場企業のパフォーマンス不安な主な業界は、企業がストリップ不動産事業を加速することができます6月に同社が所有するすべての株式または複数の住宅所有権の移転を意図していると発表した。上場企業の再編は同社の持続可能な発展に寄与することを目指すが、移行は慎重でなければならない、特に国境を越えたリストラは、予測不能なリスクをもたらす経験の欠如のために、新しい分野やその他の理由を入力します。 すべての上場企業は、移行のいくつかのケースで失敗しました。ジム軽工業の発展のためのいくつかの巨大なスペースのために、熱狂的な熱意を追いかけている上場企業は、手の旅行、インターネットバンキングからスポーツ産業に非常に高いです。 しかし、ナゲットの上場企業は、この5兆元の金、スポーツ産業が欲しい、多くのことが行われることがあります。 市場アナリストによると、スポーツ産業を発展させる国が競争しているが、この分野では競争が激しいが、上場企業は古い企業の根本的な変革の一部であり、新産業の根深い、より困難な移行の主な事業、テニスコートの光と中国のスポーツ産業はまだ初期段階にあり、住民の姿勢はまだ形成されていない。 上場企業のレイアウトスポーツ業界は、リターンを得るために長いプロセスです。


関連ニュース

関連商品

  • テニスコートの LED ライト
  • 50 w LED 光バー
  • 40 w LED 光バー
  • 100w LEDハイベイライト
  • 150ワットLEDハイライト
  • 200 w LED 高湾光