企業はLEDサファイアの目を引くの開発から利益を得る

- Mar 03, 2017 -

最近、LEDスタジアムライト関連の上場企業は、最初の3四半期の業績予想を発表した。 サファイアの企業は、特に目を引く。 LEDの開発からの利益、サファイアのビジネスパフォーマンスは一般的に上昇、先進技術のパフォーマンスの増加も1335.98%に達する。 backpfrontpに沿って、LEDスタジアム照明サファイア基板が最高の材料です。 通信、IOT技術とインテリジェントな開発では、サファイア市場の需要を大幅に改善したガラスを保護するために携帯電話、ウェアラブル電子機器でますます広く使用されています。 徐々にサファイアのアプリケーション以来、強力な刺激高出力LEDの洪水の照明市場では、サファイアミダスタッチアクセラレーションが噴火し続けている間。 backpfrontp LED基板の需要はここでは徐々に上昇しており、サファイアはここでは人工コランダムとして知られている他の色の赤い宝石類石の添加を指し、主成分はアルミナです。 これは、高硬度、耐摩耗性、耐食性、高温および他の優れた機械的および熱的性質を有し、理想的な基材となり、光起電力素子に広く使用されている。 フランスの統計情報backpfrontp Yoleによると、サファイア基板材料の用途は約75%、基板材料の非アプリケーションは約25%を占めています。 ここで、基板材料は主に、約95%を占めるLED基板材料を含む半導体照明SOS基板材料および関連製品である。 LEDテニスコートがアップストリームチップ業界に照準を合わせているため、サファイア基板市場はLEDエピタキシャルウェハの需要に依存しています。 言い換えれば、マルチチップ基板市場のニーズは、 いったんチップ市場の低迷が始まると、基板は需要の縮小が激しくなるでしょう。 市場の需要を満たすためには、2014年の主要なチップメーカーのウェハ生産能力が急速に拡大し、Huacan、Saman、Tongfangおよび他の国内のLEDチップメーカーは、拡張を加速し、容量の利用率を増加させるサファイア基板の要求をさらに促進するために、市場を奪うために。 3つの安全なオプトエレクトロニクスを持つバックフロントパネル、例えば、2014年の2インチサファイア基板の約420,000の月需要では、この段階ではまだアクティブな拡張計画があり、100単位が最初の生産を完了した場合2015年後に、 。 backpfrontpしかし、これはほんの始まりにすぎません。 現在、LEDジム照明は、急速な成長の段階への需要、3年間の開発の黄金時代に入っている、業界は急速な成長を推進し続けます。 HISResearchの見積もりによれば、2015年の全LEDチップ市場は126億ドルに達し、LEDサファイアの市場需要の急速な増加をさらに促進します。 サファイア市場は、特にインゴット価格の市場ブームを再び示して楽観的に続けて:2インチのサファイアクリスタルロッドの価格は5ドル/ mmで維持され、2インチの基板価格の最大量8ドルに上昇し、過去4インチのサファイア基板のわずかな上昇は、2インチ平板価格5または6倍です。 バックステージの段階では、サファイアは割合の約10%を占めていました。 RGB LEDフラッドライトの上の4インチで、交換レートは急速に改善され、サファイアは2インチのアプリケーションから4インチまたは6インチのアプリケーションに徐々に移行しました。 インゴットの大きなサイズは原料の損失を減らすことができますが、チップの6インチウェハー生産は10-12倍の丸い穀物ですが、幾何学的面積は9倍、唯一の2インチ丸い結晶、生産コストを削減することができる製品を展開するアプリケーションの範囲。 backpfrontp YoleDevelopmentの予測によると、2015年には4インチ以上のサファイアウェハの需要が業界全体の82%の市場シェアに達する予定です。 したがって、同社は大規模なサファイアの生産能力を持っているか、または会社の大規模なエリアのレイアウトの前に利益を得る。 backpfrontp 4インチの基板へのLEDチップでは、移行の加速、次の期間、4インチの基板の強気相場は安定したままですが、基板の2インチは徐々に価格を引き上げるでしょう。 この点で、マーケティングディレクターTiantonggufen Guoyueボーは言った:投資プロジェクトのサファイア基板4インチの将来の収益性がさらに強化されると述べた。 日通過LEDサファイア基板製品は、主に4,6インチの大型基板を対象とします。 携帯電話やその他の家電分野を保護するために広く使用されている出発材料として、サファイアの硬度のダイヤモンドに次ぐ、LEDのトンネル照明基板の比較的成熟した市場であるBlue Ocean backpfrontpを市場に投入する。 backpfrontp Apple iPhone5をサファイアレンズカバーからインポートして、ホームキー用のiPhone5Sにしてから、正の年のiWatchウィンドウ素材として使用しました。 次の目標は、より多様な製品にAPPLEまたはサファイア材料を検討することです。 一方、Huawei、VIVO、コーラなどの大手中国メーカーも、サファイア電話カバーの使用を積極的に検討しています。 backpfrontp多くの仲介業者は、ガラススクリーンを保護するために、消費者エレクトロニクスサファイアの代表として携帯電話カメラが新しい成長を開くことを明らかにします。 2016年に世界のスマートフォンが16億5800万の計算では、携帯電話のアプリケーション普及率80%、サファイアのホームキーの普及率25%のサファイア、サファイアのモバイル画面のアプリケーション15%の普及率、サファイア$ 5億倍、LEDアリーナライト基板材料の5倍以上になります。 バックアップは、アップルの伝統的なブルーSynopsysとByrne光学サプライ材料サプライヤーを植えるためのカバーとして、Aoruiは2015年の会社のIWatch、インゴットの2インチに署名したのは2016年から2018年の売上成長100%、33%、19%であった。 バック


関連ニュース

関連商品