Foshan Tovey 1週間の資金調達チェーンの切断イベントさらなる発酵

- Jan 06, 2017 -

一週間フォーカスLEDスタジアムの照明仏山トーベイ資金調達ストランドの休憩の事件はまだ発酵しています。 以前のToveyの照明は、United Plastics GroupがToveyの照明を共有していると主張し、多くの供給業者は盲目的で損失を引き起こして供給を拡大し続け、訴追のUPGに責任を負うと結論した。 しかし、Liansu ElectricもUnited Plastics Groupではなく、リーチとToveyの照明協力の意図を発表したが、Liansu Electricも借り手が債権者になることを欺かれた。 最近、エンジニアリング、会長のDr. Zhang Xiaofeiは、資金調達の問題を解決するために、より効果的に(特に事業のメンバー)を支援するために、インターネットエンジニアリングLEDサプライチェーンの財務モデルを導入したG20-LEDスタジアム照明サミットでLEDファイナンス事業は、持続的かつ安定的な財政支援を開発業界に提供し、競争力を強化しています。 エンジニアリング2015ゴールデングローブランプは、組織委員会に指定された第三者試験機関であるリード・テスト・インターナショナル(LTL)にテストを送信するため、候補者に要求する。これは9月30日に終了する予定である。それは、新しい青い海の高出力LEDの洪水の光市場のセグメントです。 街のイメージを示すために重要なウィンドウとして鉄道輸送だけでなく、最高のLEDトンネルライトメーカーのイメージ広告、プロモーション優れたプラットフォームブランドの影響。 国内の照明市場はほとんどオスラム、フィリップスの巨大な2つの完全な負担は、2つのチップの巨人を取り去り、デバイスを販売するだけです。 2つの巨人は、世界有数の自動車メーカーと長年にわたり協力して、最も幅広い製品ラインライトと産業資源を有しており、世界市場を支配することは可能です。 独占産業は必然的に豊かな束を生み出し、市場セグメントへの参入は困難であり、現在のLED産業の内部者が国内の公共包装事業の分野での光を開始したとしても、マージンはすでに驚くべきものである。 都市の知恵の重要な部分としての知恵照明は、また、非常に関連性の高い部門を重視し、積極的に推進してきました。 今後5年間で、市場需要規模知恵照明は1000億元以上になり、照明技術業界にとって大きなビジネスチャンスがもたらされます。 1000W LED洪水照明産業の発展はこれまでのところ、コスト削減と効率向上により、業界のバリューチェーンの2つの原動力をより多く反映させ、LEDトンネル照明産業はエピタキシャルチップ、パッケージ、モジュール、 上場企業は光学(300102.SZ)に応じて乾燥:光に応じて乾燥が今日第五ペンアモイトーチゾーンを受け取ることを通知する合計10770000元を付与します。 生産補助金の購入のための補助金LED青、緑のウェーハMOCVD装置を提供する。 Senは9月25日の発表は、最近、深セン証券取引所の小皿管理部門は、mulinsen社2015年半期の問い合わせの手紙を送った、Inquirerの手紙の要求によると、取締役会は、高電力LED洪水光パッケージングとLED照明市場は5つのケースで対応しています。 (クリックして詳細を読む)Jufei Optoelectronics(300,303)9月24日夜の発表、同社は香港に7300万元の登録資本金、国際貿易投資活動およびその他の事業活動。 聯建の光電(300269)は、2つの太陽光発電取締役の提案の共同建設は、独自の資金2600000元、1,450万元の職業新宇の限定パートナーとして、深セン投資限定共同文化の完全子会社に合意したことを発表したオースタル・インベストメント・パートナーシップ、シンユ・シティ・ボルム・インベストメント・マネジメント・センター ライトは、会社の実際のコントローラとエグゼクティブ、プログラムは、企業株式の株式を保有している以上の3000万元の保有量の合計9月23日の保有を開始する次の3ヶ月以内から選択され、1000Wの洪水ライトの自己製。 Jiawei株(300 317)は、同社が海トンカイユアン、威海州と他の投資家が共同でハイトンチードン(威海)株式投資ファンドを設立しようとすると発表し、株式ファンドは15億元以下に総コミットメントを投資した。 Hongliオプトエレクトロニック(300219)は、9月25日の発表は、最近発明特許が特許を与えられていると述べ、国家知的財産局は関連する特許証明書を発行した達成しました。 2015年のビッグデータは、市場環境への影響、需要の高いベイ光の減速、業界内の競争の激化により、業界の年間成長率は低下しています。 影響を受ける、GGIIは2015年の中国のLEDサファイア産業の市場規模は21.5億元に達すると予想し、売上高の伸びは22%に減速した。 GGIIの調査データによれば、2014年末までに、都市鉄道輸送の長さは3173kmであり、そのうち地下鉄2365kmの都市鉄道輸送が22都市で75%のシェアを占めています。 レール239キロ、シェア8%; モノレール89キロ、3%を占める。 現代のトラム141キロ、4%を占め、 30kmのマグレフ輸送、1%のシェア; 中国は世界最大かつ最速の成長を遂げる鉄道輸送建設市場になる可能性を秘めています。 台湾のLED製造業者のメッセージによると、これまでのところ、2835のLEDアリーナの光 - 現在の中国のLEDパッケージングISPは主流のLEDデバイスを認識していた - 過剰容量のため、価格は50%〜60%低下した。 海外では最近、ドイツのDialogSemiconductor社は、Atmel社のチップ産業企業の現金と株式を46億ドルで買収し、製品ポートフォリオを拡大すると発表しました。 市場調査機関の統計によると、北米市場は、40ワット、60ワットの電球に取って代わり、北米の主要ブランドは、世界のLED電球が最も打撃を浴びたように、急激に5%未満、3.7から3.9%の低下、また北米市場の減速のために、2.3%の世界的平均低下の中で8月の制御のインセンティブが減速した。 英国のプロフェッショナルLEDサプライヤーインテリジェントなLEDテニスコートライトソリューション(ILS)は、エンジニアが新しいLEDプラント成長照明システムを開発するのに役立つPetunia開発キットを発表しました。 インドのチェンナイ(Chennai)は、48,034のLED照明を備えており、CFL電球の内部道路および交通手段の改修と、歴史的な記録であるナトリウムの老朽化に取り組んでいます。


関連ニュース

関連商品